ネットワーク監視の仕事をするための資格について

基本はプログラマーと一緒です

基本情報技術者なんかは最初に取るべき資格の一つであるとされています。この基本情報技術者資格というのは、最も基礎的なことをやることが多く、そして、プログラミングの能力もそうなのですが、それよりもコンピュータとは何か、ということから学ぶことになりますから、お勧めできるわけです。プログラムを開発する業務では、この資格が非常に有効的です。情報技術全般に関する基礎知識を得ることができるわけですから、役に立つことが多いのです。

資格は不要ではあるが必須でもある

基本的には必須資格、というものはないのですが、それでも採用のときに必要である、と言う条件を付けられることがありますから、殆ど必須であるといえます。ネットワーク監視技術者となるには基本情報技術者がまずは必須です。これは最初の登竜門みたいな視覚であり、とても初歩的なものですが、重要視されている資格です。情報処理で生きていくには、最初に取る必要がある資格であるといえます。さらに、ソフトウェア開発技術者、という資格もあります。

センスが必要になってくる

システム監査技術者とかシステムアナリスト試験、プロジェクトマネージャあたりまで取得するにはそれなりのセンスと時間がかかることになります。それでもプログラマーとしてスキルアップしていくには必須になりますから、まずは目指してみることです。ちなみに関係ないですが、簿記なんかも持っているとよいです。中間管理職以上になる場合はどんな仕事でも必須の資格、能力になります。ですから、余裕があればやっておくことです。

コンフィグ管理ツールとは、IT関連装置の設計変更などを一括して取り扱うことが出来るソフトウェアのことです。たとえばバージョン変更なども一括処理出来る為、管理者の負担を軽減出来ます。