新人のマナー研修は会社の姿勢を表現するものです

服装に関する研修は最初に教える

会社にはそれぞれ社風と言われる目に見えないものがあります。特に歴史を持つ会社では創業者の考えを継続し風習になっているものがあるのです。新人研修では、これらをマナー研修として教えています。例えば、サングラスを掛けて道を歩かないことなどと指導している会社もあるくらいです。一般的には制服の着用について名札の位置を正確に付けることや、男性の背広の色、半そでのワイシャツは禁止などが服務規程として決めているところが多く、最初に教えておかなければなりません。

身だしなみ研修は具体的です

身だしなみと言っても、年代によって価値観が違うと考えも違ってきます。女性であれば化粧の仕方やイヤリングなどは個性の表現と受け取り、厚化粧であったり、大きなイヤリングをする人も出てきます。これらを統一するには、頭からつま先までを図に描いて説明が必要になります。例えば、接客業の会社では、つけまつげ禁止をうたう会社もあります。男性では、靴下の色まで指定したり、ベルト通しのあるズボンでは必ずベルトを着用することを義務付けているのです。

電話の受け答えは訓練

新人で最初の業務となるのが電話がかかってきた時に、誰よりも早く受話器をとることです。電話は仕事を中断してしまうので、先輩たちにとらせては支障がでてしまうからです。この研修は新人にとっても、現場に配属になった時に良い印象を先輩に持ってもらうために有効な業務になります。具体的に電話を研修所に設置して、一人ひとり特訓をします。教えるというよりは、慣れてもらうために繰り返し訓練をさせて自信をつけさせなければなりません。

社員研修を行うことによって会社内の人達がどのような人かがわかるようになり円滑に仕事ができると考えられます。