素早く結果を出したい!イマドキのecサイトの作り方

パッケージ製品を使う

ECサイトを一から作るのは非常に手間のかかる作業です。決済システム一つとっても、色々な方法があります。そうしたものを自社で開発する体力がない場合は、パッケージ製品を活用することをおすすめします。昨今のパッケージ製品には、オープンソースとして提供し、ライセンスを発行するようなものがほとんどですので、問題があれば自前でモンキーパッチを当てることも出来るようになっています。これによって、特定の事しかできない、という状況にはなりにくいです。

個人レベルならフリーのサービスで十分

とはいえ、ECサイトに実用的に使えるようなパッケージはそれなりのお値段になります。そうした費用が用意できない場合、あるいは個人でモノを売るような場合は、フリーのサービスを利用するという手もあります。フリーのサービスは、簡単な画面しか作れませんし、売上の一部はサービスの提供者と折半になりますが、自前でECサイトを用意するコストとリスクを考えれば、十分に選択肢に入れる価値があります。製品パッケージは、フリーサービスでは捌ききれなくなった時に検討しましょう。

どちらにせよSSL対応は必須

どのようなECサイトを作るにせよ、SSLに対応していないサービスは絶対にNGです。顧客のプライバシーについて現在では法律でも厳しく規定されており、粗末に扱うことはできないようになっています。なので、プライバシーマークを取得するには絶対にSSL証明書を取得する必要があります。SSLに対応していると、お客さんの送信したデータがきちんと暗号化されますし、自社のサービスのURLが正当であることを証明できます。

ecサイト構築の手順を理解するために、コンピュータ関連の専門的な知識を有する業者にサポートを依頼することが肝心です。